発達障害

ASDとは?わかりやすく解説【コミュニケーション能力を伸ばす方法】

ピンクの背景にふきだし

こんにちは、むじまるです。
(@mujimaruADHD)

ASDについて悩んでいる人

ASDとは何なのか知りたい。
空気読めないとか言われるんだけど…これってASD?
できれば、もう少しまともに会話できるようになりたい。
コミュニケーションスキルを伸ばす方法とか知りたいな。

こんなふうに考えていませんか?

今回のテーマは「ASDとはなにか」「ASDの人がコミュニケーションスキルを伸ばす方法」です。

この記事を書いている私はというと

  • 発達障害でASD・ADHD・LDを抱えています
  • 接客業歴は20年ほど
  • 現在はオーナーバーテンダーとして活動しています

過去の私も、人となにを話せばいいのかわからず、友だちもいませんでした。

そんな過去の私にむけて、ASD(自閉症スペクトラム障害)とコミュニケーションについて。実体験をもとに解説していきます。

ASDとは?わかりやすく解説

ASDとは「自閉症スペクトラム障害」という、発達障害のひとつ。社会的な生きづらさがとても強い障害です。

なぜ社会的に生きづらいのかというと、脳機能の障害により「社会的なスキルを身につけるのがとても困難」だから。

自閉スペクトラム症の症状

重症度は様々ですが、言葉の遅れ、反響言語(オウム返し)、会話が成り立たない、格式張った字義通りの言語など、言語やコミュニケーションの障害が認められることが多くなっています。

(引用:厚生労働省 e-ヘルスネット)

このように、コミュニケーションに関する困難も多いです。

「コミュ障」と言われるゆえんですね。

よくある困りごと

  1. あいまいな表現が理解できない
  2. 場の空気を読めない
  3. ルールへの強いこだわり

それぞれを、順番に解説します。

困りごと①:あいまいな表現が理解できない

「だいだい」や「適当に」などの、あいまいな表現が理解できません。

なぜなら、ASDの人はことばを文字通りに受けとる傾向があるからなんです。それが、10gなのか15gなのかがわからないと、計量もできません。

「適量」ってどれくらい?

料理をするときの私は「適量」のドツボにハマりがちです。

適量って何g?適量って何cc??旦那さんに聞いてみても「うーん、だいたいでいいんちゃう?」と言われる始末…。

さっぱりわかりません。

というわけで、料理レシピに「適量」が出てくるものは作らないことにしています。

困りごと②:場の空気を読めない

感じたことをそのまま口に出してしまいます。その結果、場にそぐわない発言や行動になって、ひんしゅくを買うことも。

これは、社会性を身につける能力があまりないために起きること。

空気の読めないお客様

数人のお客様がいる店内。
誰かがネガティブな話をして、みんなも同調して静かにしている。

そこへ、雰囲気などお構いなしで自分の話したいことを、ペラペラと一方的に話してしまうお客様、しかも自分の事ばかり。

悪気がないのはわかるんですが、周りは「空気読めよ…」とあきれ顔。

このお客様が来ると、お店にはいつも微妙な空気が流れます。

困りごと③:ルールへの強いこだわり

物の置き場所や行動パターンなどに、自分なりの強いこだわりを持っています。

そこには変化への強い不安がかくれているのでは…と考えられています。

こだわりと無頓着の共存

例えば、むじまる家の食器棚。

食器の位置はもちろん、柄があればその向きまで揃えないと気がすみません。

かといって、全てのことに強いこだわりがあるわけではなく。服は、引き出しにぐちゃっと押し込まれていますからね。

興味のない部分に対しては、驚くほど無頓着だったりします。

よくある質問①:ASDの人って、社会的に終わってますよね?

ここまで読んで「コミュ障なんて、終わってる」そう思う方もいるかもです。

そういう意見もわかりますが、見方によっては逆だったりします。

いつも多数派にいること。

それこそ、本当に正解なのでしょうか?私は「集団に属さないとおかしい」という心理状態こそ「終わってる」と思います。

私が周りから「おかしい」と言われたこと

  • 会社で派閥とかに入らない
  • 飲み会に行かない
  • 頼まれごとを断る

「社会人として終わってる」って、よく言われました。でも、行きたくもない飲み会で消耗してる人のほうが、終わってる。

私は、現在オーナーバーテンダーです。

ひとりで働いてしがらみもなく、とても快適です。組織に属さずとも働くことはできる、と実感しています。

おかしいと言われても、こっちのほうがラクで快適なので問題なしですね。

よくある質問②:ASDに接客業は無理ですよね?

結論から言うと、無理ではありません。

一般の人でも接客が苦手な人はいます。パターンをつかむのが得意なASDなら、一般の人よりもきちんと勉強できます。

変わり者だからこそ、キャラを受けいれられた時の強みはすごい武器になりますよ。

ゲーム感覚で経験値を増やしましょう。

接客業を選ぶときのポイント

私は20年ほど、接客業を続けています。

最初はもちろん、失敗ばかりでした。
でも今は、人より接客上手だと自信を持って言うことができます。

ちなみに、私が接客業に就くときに気をつけたポイントが。それは、大手のチェーン店よりも個人店を選ぶこと。

チェーン店
  • 業務がマニュアル化されている
  • 平時はマニュアル通りで安心
  • トラブル時、対応できず死ぬ
  • 上司が変わるので、特性を把握してもらえない
個人店
  • マニュアルがないので最初は大変
  • 平時もイレギュラーみたいなもん
  • トラブルを店主に投げやすい
  • 店主が特性を把握しやすい

このように工夫は必要ですが、ASDの人も接客業に就くことはできます。少数派だからといって、社会的に終わってもないです。

ASDの人がコミュニケーションスキルを伸ばす方法

星空とはしご

結論、場数がすべてです。

なぜなら、どんなにコミュニケーションに関する本を読んだりしたところで、実践しなければ経験値は上がらないから。

ASDの2名を比較してみる

ASDの人を下記のように比較してみます。

Aさん
  • コミュニケーションの本を月に3冊は読む
  • デザイン会社勤務
  • 失敗が怖いので必要以上は話さない
Bさん
  • コミュニケーションの本はたまに読むくらい
  • 居酒屋勤務
  • お客様に話しかけられることも多い

この場合Bさんの方が、コミュニケーションスキルは上がりやすいです。

なぜなら、場数を踏むほど経験値があがっていくから。ゲームの攻略本をいくら読んでも、実践しなければゲームの腕は上がらないのと同じですね。

なので結論、場数がすべてです。

場数を増やす方法

場数を増やすには、人と接する機会を増やすこと。

例えば、下記のとおり。

  1. 接客業に就く
  2. コミュニティに参加してみる

順番に解説します。

方法①:接客業に就く

接客業といってもいろいろありますが、興味のあるジャンルがいいと思います。

なぜなら、仕事は楽しいことばかりではないのが現実。そんなとき、興味のあるジャンルだったら多少つらい事があったとしても、続けられる可能性が高まるからです。

向き不向きはあります

私はこれまでに、いろんな接客業を経験してきました。

いちばん勉強できたのは「クラブ」です。

水商売ですが、高級なお店で働けば接客以外にも、社会的なマナーやふるまいを学べます。

それに、お客様からおいしいごはんをごちそうしていただける事は、うれしいおまけでしたね。

おすすめしないのは「チェーン店の居酒屋」です。

BGMがうるさいので注文が聞こえないし、お客様の質がよくない事が多く心が折れました…。

そして、3日で辞めました(´∀`;)

接客業については、ホステス時代の経験を書いた記事があります。

こちらも読んでもらえるとうれしいです。

明かりの灯ったシャンデリア
発達障害の人がホステスに向いてる理由3つ【お店の選び方つき】私がホステスを経験して学んだ事や「お店の選び方」をお話しします。...

働くときは、2~3時間くらいの短めの時間で、バイトしてみるのがおすすめです。

本気で接客業が合わない事もあります。

そんな可能性も考慮して、肩の力を抜いて軽く働いてみましょう。合わない時は、無理せず辞める事、これだいじ。

方法②:コミュニティに参加してみる

例えば、Twitterで発達障害の人が主催しているzoom飲み会。こういったコミュニティに参加してみるのもアリだと思います。

わかりあえる場所

そこは、発達障害の人たちの集まり。

コミュ障への引け目を感じる必要はありませんものね。話し方がたどたどしくても、ことばの間が空いても、受け入れてもらえる確率は高いです。

気をつけること

ただし、相手もじぶんも発達障害。

望んだ答えじゃない事もある、と心に留めて参加するのが大事です。

こういった感じで場数をふむのが、コミュニケーションスキルを伸ばすためには大切です。

というわけで、今回は以上です。

ASD(自閉症スペクトラム障害)がどんな障害なのか、知ってもらえたらうれしいです。

じっさいは私自身、特性と向き合って工夫と失敗の連続です。

とはいえ、あせっても仕方がないので
ゆるゆるといきましょう (*´ω`*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です