発達障害

【やっぱり在宅】発達障害の私がコロナ自粛で気づいたこと

こんにちは、むじまるです。
(@mujimaruADHD)

先日、39県で新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言が解除されました。ですが私の住む大阪府は解除の対象外。

ショットバーは大阪府独自の「大阪モデル」からも外れており、まだ営業再開はできていません。

とはいえ、残りの都道府県も、近いうちに解除の方向で調整しているでしょうね。

そこで、ぼちぼちと自粛生活をふり返りながら「発達障害の私がコロナ自粛で気づいたこと」をまとめてみようと思います。

この記事を書いている現在で
自粛生活は36日目。

外出を極力控え、買い物とメンタルクリニック以外は、ほとんど家で過ごしわかった事。それは、ずっと家にいてもまったく苦じゃない、ということです。

みなさんはどうでしょう?きっとノンストレス派の人、多いんじゃないかな。

発達障害の私がコロナ自粛で気づいたこと

どれだけ家にいても飽きない

1日じゅう家にいるわけですが、意外にも「ヒマな時間がない」んですよね。

家事をして、ブログ書いて、Twitterして…かと思えば、突然本棚の整理をはじめてみたり、模様替えをしてみたり。

発達障害の衝動性や多動性、移り気なところや過集中といった特性のおかげで、家の中は常にやることがいっぱい。

私も結局、この自粛生活で「なんにもせずにボーっとする時間」は、ありません。
そして、ないまま終わりそうです(笑)

金遣いがおだやかになった

みなさんメンタルクリニックの受診日って、疲れませんか?疲れますよね?ね?

…ちょっと強引でしたかね (´∀`;)

私の通うメンタルクリニックは都会にあります。なので、受診日は人混み、騒音、診察…と、とても疲れてしまいます。

私はめっちゃがんばっています。

なので、がんばった自分に、こんなごほうびを用意しています。

  • デパ地下スイーツ買い放題!
  • 本屋さんで買い放題!
  • LOFTで文具、買い放題!

一度でだいたい1万円ほど使っていました。まぁ、ほとんどは本ですけどね。

それが自粛が始まってからは、ピタッとなくなっています。かといって「買い物行きたい~!」というわけでもなく。

ネットショッピングも必要なもの以外はしていません。

たぶん「せっかく都会に来たし、なにか買って帰ろう」という気になってたのが、原因でしょうね。

手ぶらで帰るのもアレやしなぁ…、という謎の損した感。

ただこれは、日常がもどれば復活してしまう可能性が大きいです。

意外に生活リズムは崩れない

私は多くの人とは真逆の、昼起きて朝方に眠る生活リズム。

もともとは昼型が強い人間なんですが、リズムは狂うことなく過ごせています。

ポイントは、起きたら必ず洗顔とはみがきをすること。これだけで、めっちゃスッキリします。

私の場合日光も大事だけど、この洗顔とはみがきで、やっと体内時計がリセットされてる気がします。

なにが起きるかわからないんで、休日でも洗顔とはみがきはしたほうがいいですよ。現に、むじまる家には先ほど、予定外の佐川急便がきました。

夜中の散歩がたのしい

自粛生活に入ってから、お風呂上りに旦那さんと散歩に行くことが増えました。普段歩かないような道を通ると、景色も全然違ってたのしいです。

最近ハマってるのは、変なジュースを売ってる自販機を探すこと。

これが意外とあるんですよ。

50円とかで変わったファンタがあったり、見たことないジュースがあったり。

旦那さんと「今日は何丁目行く?」なんて、わくわくしながら話したのは、コロナ自粛のいい思い出になりそうです。

自粛が明けても、休日なんかにはまたやりたいですね。運動と気分転換をかねて。

自粛生活のマイナス面

毛布にくるまれたパグ

個人的にはよかったことの方が多いですが、あまりよくなかった事もあります。

お金の不安がつきまとう

自粛生活の前半では、お金の不安が大きかったです。お店を閉めているあいだは、1円の収入もありません。でも経費はかかる…。

ものすごい不安でした。

こうなってくると、ちょいちょい現実逃避をしたくなります。正常性バイアスといいますか、なぜか「なんやかんや大丈夫でしょ」って思っちゃうんですよね。

残高は確実に減っていくのに。

ですが、給付金や緊急融資などの策がみつかったことで、お金の心配はだいぶ軽くなりました。

まだ何も振り込まれてはいませんが…。

それでも料理は面倒くさい

Twitterを見ていると、自粛だからこそおうち料理を楽しもう!みたいなのが、タイムラインで流れてきたりします。

ちょっと触発されて材料を買ったはいいけど、なんかそれで満足しちゃって、作るのが地獄の苦行のようになってくる。

料理って、ちょっと手順がズレたりうまくいかないと、イヤなんですよね。

で、たいていうまくなんていかないから、面倒くさくなってくる。

もう、毎日うどんでいいやん、みたいな。

発達障害の影響なのか、単に私が面倒くさがりなだけなのか、謎ですね。

働いていないと気をつかう

この緊急事態宣言のあいだも、旦那さんはいつも通りに仕事でした。

そして私は、休業期間未定。

もちろん旦那さんは「気にする事じゃない」と言ってくれているんですが、私はどうしても気をつかってしまいます。

肩身が狭いというか、なんというか…。

これは健全な感覚ではないとわかっています。「お金を出さない者に発言権はない」という家で育った、悪い影響です。

お金のことで甘えられないんですよね、夫婦なんだから甘えてもいいのに。

いろいろと考えるいい機会になった

パソコンやノートを広げて作業する女性

私自身が、このコロナ自粛をふり返って、の結論ですが。

発達障害さんには在宅で働くのが向いていると、強く思いました。そして、これから私が目指すゴールも「在宅ワーク」です。

在宅に対するメリットとデメリットを比較したら、どう見てもメリットの方が大きい。

  • まずは、こうやってブログを書くことに慣れる。
  • もちろんバーテンダーをすぐ辞めることはできないので、
  • ブログを「副業」といえるレベルまでもっていく。

時間はかかるとわかっているので、のんびりと。

新型コロナウイルスはまだ終息してないし、私の自粛もまだ続いているけど、いろいろと考えるいい機会になりました。

夫婦の時間をたくさん持てたこともありがたかったし、こうやってブログを再開することもできたので。

さて、来たる緊急事態宣言解除までに、ぼちぼち調子を整えていこうと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です